FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

母の日でした

 母の日だというので、家族そろって焼肉を食べにいった。
 好きなのを注文しろと言うので、
「いやあ、おれわからんけん、なんか適当に注文して」とわたしが言うと、
「普段、行かんけん、わからんっちゃろ~」と妹。
・・・・・はい、そのようでありますね。
「うん、まあ・・・・、どの肉も同じ肉に見える」
 肉か魚かぐらいまでならわかるが、それ以上細分化されると、もうわからん。
 わたしは「ビッグカツ」をオカズに飯を食ったことがたびたびあるが、「ビッグカツ」だって、わたしのなかでは「肉」の部類に入るのだ。わたしのカタログはこのように、これまでの人生あまり金を使ってこなかったせいで、極端に薄っぺらなカタログになってしまった。経験値、バリ低・・・・・。
 
 ビールをあまりにお代わりしすぎるので、オカンに、「もういいかげんにしなさい、あんた!」と怒られた。
「はぁ~い」と素直に返事をしつつ、通りかかった店員にすかさず「生ビールもう一杯」と注文。
 まあ、怒られるのは、なんというか、気分いいね。うん。まだ自分は子供なのだという、ゆるぎない確信がみなぎってくる。
 まだまだ子供でいたいのだ・・・・・・。

 ちょっとガックリきたのは、7歳も歳の離れた妹が新車を購入していたことだ。
 同じ血を分かちあった兄弟なのに、こうも経済格差が甚だしいとは・・・・・もしや、血など分かちあっていないんじゃなかろうか、とさえ思えてくる。同じ腹から生まれてきた兄弟なのに、わたし以外はみな優等生なのだ。
 車のなかで燃費の話などになって、兄ちゃんが、
「燃費いいね~、この車」などと言うので、
「おれは水1リットルで、40キロは走るけどね、チャリで」と自慢してやった。
 そして、姪っ子といっしょに、酔っ払った顔をサンルーフからにょきっと突き出して、悔しさを風で吹き飛ばした。

 それにしても、姪っ子(兄の子・3歳)が可愛い。
 わたしは、子供番組しか受信しないテレビみたいな人間であるので、姪っ子とはたいへん馬が合う。よく、なついている。
 姪っ子はわたしのことを「まさるくん」と呼ぶ。
 姪っ子が、
「まさるくん、ベロで戦お~!」と言う。
 ベロで・・・・戦う・・・???
 意味わからんなあ~と思っていると、ベロを出せと言うので、ベロを出すと、姪っ子がわたしのベロに自分のベロを押し付けてきた。
 なっるほど~、そういうことね! 了解! 戦いましょう!
 しばしの間、戦っていると、
「まさるくん、負けたんだから、たおれて!」
 どういうルールだかわからんが、わたしは負けたらしい。
 それでわたしは、後部座席で「うぅ~ん、ああぁぁ~、うおぉぉぉ~」などと断末魔の叫びをあげていた。

 実家に戻り、姪っ子といろんなおもちゃで遊んだ。
 離婚するまえは、翔太(わたしの子)が遊んでいたおもちゃだった。そういえば、翔太にこんなおもちゃ買ってあげたっけなあ。今にしてみれば、なつかしいおもちゃだ。
 悲しみまじりの懐かしさに浸りつつ、レゴブロックで飛行機を作ってあげた。

 
 

 


 

 
 

スポンサーサイト

2007.05.17 | Comments(0) | Trackback(0) | 今日のMASARU

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

川部賢

Author:川部賢
そこそこの生き物です

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。