FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

エロじじい

 このあいだの花見では、花を見るゆとりもなくなるほどに、めっちゃスケベなじいさんのエロ談義を聞かされつづけた。わたしでさえもが羞恥心でポッと赤くなってしまい、耳を避妊具で覆いたくなったほどだ。耳で聞いてるだけなのに妊娠してしまいそうなほどエロい話ばかりだったのだ。
 とにかくエロいじいさん(71歳)なのである。はやくパイプカットしてあげないと、このままでは人類全員があのじいさんそっくりの顔になってしまう。それに、電波に乗せても大丈夫な、ちゃんとした言葉を教えてあげた方がいいと思う。朝から晩まで、ピーピー、ピーピー、放送禁止語ばかりである。
 
 じいさんは息子の家族といっしょに来ていた。孫もいっしょだった。孫に囲まれながらの花見だったが、孫より花より女だった。ずっとセクハラ。若い女の子たちを餌食に、楽しそうににんまりしていた。家族のまえでそれをやってしまう度胸に感服。

 以下じいさんの言動を記すが、不快に思う方もいらっしゃるだろうから、そういう方は、ご遠慮ください。




 自分の飲みかけのビールを女の子達に「飲め、飲め」としつこく強要していた。断られると、自分では譲歩しているつもりなのか、「ねぶるだけでいい、ねぶるだけでいいけん!」

 赤ワインのことを、「月経」と言っていた。しつこく何度もくりかえし言っていた。「月経のお代わりば、持ってこんか!」。わたしはお代わりを注ぎに行った。

「やっぱ月経のときがよかばい。中に出せるけん」
「女は45から50ぐらいで干上がるけんくさ、それからがよかばい。中に出せるけん」
 中に出せるかどうかが、快楽の一つの指標なのである。

「奥さんとは、一月に一回ぐらいですか?」誰かが訊いた。
「なーんば、言いよっとか! しょっちゅうたい」 
 奥さんとは、まだしょっちゅうしているらしい。

「待て!」
 奥さんがいきそうになるときに言う言葉。
「一回我慢させたら、めちゃくちゃイクったい。やけん、いきそうになったときに女房に「待て!」っていつも言うったい」

 若い女の子たちに対して。
「あんな、ションベン臭いおなごたちは、おれは、どーでもよか」
 そう言うわりに、若い女の子たちを触りまくっていた。


 
 とにかくエロエロで、三ちゃんとジョーといっしょに腹がよじれるほど笑った。おもしろいじいさんだった。
 
 
 

 


 
 
 

スポンサーサイト

2007.04.11 | Comments(0) | Trackback(0) | 今日のMASARU

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

川部賢

Author:川部賢
そこそこの生き物です

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。