FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

お外

 最近、真面目に働こうという気力も、やっとこさ、ピュルルっと沸いてきて、再び路上に出るようになったのである。はっきり言って、ピュルルっと聞こえたときには、「しめしめ・・・・」と、感極まったのだった。
 しかし、いやあ、まあ、ほんとに、ここ二三日寒い。明日だったか、明後日だったか、新聞の天気予報では雪だるまのマークが付いていた。でも、雪だるまのマークって、かわいいっちゃけど、好かんっちゃんねえ・・・・・。あいつ、眉毛太いし、とってもキュートなんだけどさあ・・・・・。いっしょにお風呂にでも入って、溶かしてあげたい。
 そんな寒さのなか、おれは木を彫り続ける。スパッスパッと、木を削る音も、時雨のように耳に凍りつく。
 おれの体は氷点がだいぶ高く、10℃。10℃を切ると、凍りつくのである。いつ凍ってもいいように、シブイ顔つきをしていなくてはならない。片時も気が抜けない。思い出し笑いしているときに、凍りつくわけにはいかないのだ。それで、おれは、過去のおもしろいことのあれやこれやを、思い出さないように、過去の幸福をすべて忘れることにした。 とくに足が冷えるので、足を増毛したいと思った。柔らかくて白い、ヤギの毛がいいと思った。おれの足のために犠牲になってくれるヤギはいないものかと、三越前の路上に探したが、一匹もいなかった。諦めるしかなかった。またこうして、おれの諦念の感情はいっそうの深みをたたえ、おれは大人の階段を上る。
 福岡駅中央口の入口で、子供(三歳ぐらい)が母親に対して、猛烈に駄々をこねている姿があった。人が人にここまで本気で反抗している姿を、久しぶりに見た。がんばれ、子供! がんばれ、ママ! その様子を見ていたおれも、血沸き肉踊り、体がほてってきたのであった。

 まあ、そんなこんなで、暖かい風景が路上にはあって、やっぱおれはお外が好きなんだなあと思った。
 

 
 
 
 

スポンサーサイト

2007.02.01 | Comments(1) | Trackback(0) | 今日のMASARU

コメント

久しぶりに覗きにきたけど、あんま更新しよらんね。
生きてるかぁ?

2007-02-22 木 19:25:12 | URL | あみ #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

川部賢

Author:川部賢
そこそこの生き物です

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。