FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

万引き犯の心持ち

慌ただしい時間帯にTSUTAYAに来てしまった。レンタルのお客さんが殺到していて、CD売り場のほうのレジは、店員不在…。

CDを購入しようと思っているわたしは、運命的に、待つ格好になってしまった。家康ばりに待つのが好きなわたしは、これまた運命に逆らわずに、待つということに希望を抱いていた。てんてこ舞いになって、高速で右往左往している店員さんたちの生の営みを、愛おしげに眺めながら…。

待ち続けていれば、やがて自分の番はやってくるものだ。鳴くまで待とうと思っていたホトトギスが、ようやくのこと鳴いた。わたしの番が来たのだ。

店員の超絶スピード会計の鮮やかな手際。称賛の眼差しを店員に注ぐわたし。しかし、その眼差しに気づいてもらえることはない。店員は、わたしの眼差しが邪魔になるほどに、忙しいのだ。
と、こうするうちに、華麗にお釣りを渡されて、わたしの番は終わった。

しかし…。超絶スピード会計には、思わぬ落ち度が付きものなのだ。
待つということにくたびれずに、逆に力をもらった気になって、意気揚々と店の出口へと向かったところ…。
「この方は、泥棒でーす」という趣旨の、明るく陽気な電子音。防犯ブザーが、わたしのことを泥棒だと、皆様にお告げしているわけである。

自分は何者なのかという問いを、これまで幾度も自分自身に問うてきたわたし。そこへ、「あなたは泥棒でーす」という機械の叫び。ああ、わたしはきっと泥棒に違いない…。とか、思ってしまうではないか!

すがるような眼差しを店員へ向けてみると、店員は、大丈夫なのでゲートをそのまま通り過ぎるようにと、わたしを促している。当事者同士にしかわからないような微妙な曖昧な仕草で…。

否!今のあなたの仕草、今のわたしにとってみれば、否!
そんな、敵チームにバレないサインみたいなのじゃなくて、ほら、もっと、はっきりこう、「こんなにも泥棒っぽく見えない人、初めて!」みたいなことを周りの人たちに、しっかりと伝えてほしい。ではなくて、「泥棒ではない」ということを周りの人々に分からせてもらいたい。

第1ゲートを通過した。第1ゲート?そう、3メートルほど先には、冤罪目当てのもう一つのゲートが、わたしを待ち構えていたのである。
ああ、わたしはまたここで、大舞台に立つスターよろしくスポットライトを浴びるのだ。

意を決して罠に飛び込むわたし。
鳴りました…。わたしの耳に心地よい警報が聞こえてくる。本日二度目の泥棒確定…。賢い機械のお墨付き…。大泥棒とか怪盗とか、そんなかっこいい泥棒なんかではなく…、ただの万引き犯として認定される。

そして、これまた本日二度目となる、すがる眼差しを、両目の奥からゆるやかに発射してみる。すがられている店員はと言えば…。うっそー、明らかに、無視してるやんーっ!

頼る者のいないわたしは、自分が泥棒ではないことを、自分自身でアピールしていた。
盆踊りの一番の見せどころみたいに、手を斜め前方に大きく突き出している。手には会計済みの商品がぶら下がっている。
君たち!きちんと包装されているのだから、盗んだものではないと分かるだろう!という幼稚な発想。
ああ、もう、こういうときって、自分でも何をやっているのか、分からない。

周りの人々の視線を浴びる。そこに、被害妄想までもが付け加わる。
被害妄想のフィルターを通した人々の視線は、こう訴えかけているようにも思える。
「でも、顔は泥棒だよね…」
それは認めます。

泥棒よろしくそそくさとその場を逃げだしたわたし。
帰ってから、袋からCDを取り出してみると、案の定、商品タグが付いたままであった。商品タグには、こう表示されている。
「このタグはレジで回収しております」

これからは、このタグはすべて、川部がこの身を投げ打って、回収しようではありませんか!
親指を立ててそう誓う。

そんな一部始終でした。


しかし、あの警報の標的になってしまったあとというのは、しばらくドキドキしたままですね。
嫌な感じが続きます。
ある日、UFOがやってきて、この商品タグを体に埋め込まれたらどうしよう?
などというような、突拍子もない妄想に、しばらくは苦しみそうです。

スポンサーサイト

2014.06.29 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

川部賢

Author:川部賢
そこそこの生き物です

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。