FC2ブログ

ぶるりポイント

 人の体には、誰にでも「ぶるりポイント」がある。わたしが勝ってにそうよんでいる「ぶるりポイント」、そうそれは、ぶるっと寒さに震えるときの、「ぶるっ」の震源地。
 
 このポイントに個体差があるとは、最近まで気が付かなかったのだが、まわりのみんなに聞いてみると、人により若干の違いがあるようである。
 わたしの場合は、肩甲骨の下あたりの背骨。そこが、ぶるっとくる。ほかの人もおおむねわたしと同じ部分のようだが、首筋がぶるりポイントだという人もいた。また、わたしのぶるりポイントよりももう少し下、腰のあたりがぶるりポイントだという人もいた。
 
 ちんこの先っぽがぶるりポイントでなくてよかった。もしそうだったら、ぶるっと寒気がするたびに、股間を両手でさする奇癖を身に付けていたのかもしれないのだから。叫びながら歌っているロックンローラーとかだったら、セクシーでエロティックでかっこいい仕草かもしれないけど、わたしはロックンローラーではないし、ロックンローラーになれる要素が皆無の、しがない木彫り師…。

 それはそうと、今日の寒さはどういうことだ。
 「今日はやけに頭からフケが出るなぁ」と思っていたら、雪じゃねえかっ!
 もちろん、今日は寒くなるということは承知だったので、ぶるりポイントにばっちり「貼るカイロ」を貼っておいた。魔を封じ込めるお札のように、バシッと「貼るカイロ」をぶるりポイントに貼っておいたのだが、寒さを封じ込めることはできなかった。

 ぶるりポイントを切除してもらうとするか。

スポンサーサイト



2011.01.30 | Comments(0) | Trackback(0) | 今日のMASARU

寒くてつい激しい運動をしてしまう

 寒い。 寒さをしのぐため、ついつい体を温めようと、激しい運動に望みを託してしまったりしてしまう。
 が、その望みも、たいして叶うこともなく、あっという間に元通りに体は冷え切ってしまう。
 運動の激しさが足りないせいなのだと思うのだが、これ以上激しさが増すと、人様に迷惑がかかる。大暴れなどせずに、おとなしくくだらん漫画でも読んでいたいものだ。
 
 天気予報士たちは、口々に暗い話ばかりしている。
 「明日は雪だ」と、「冷え込むでしょう」と。冬型の気圧配置がどうだとか、くら~い話ばかりだ。
 「もっと、明るい話をしようよ」と雪だるまのマークに微笑みかけたくなる。

 もっと明るい話。「雪、ときどき夏」とか、「ひさしぶりにそうめんがおいしくいただけるでしょう」とか、「日傘を差す人々で賑わいました」「冬型の気圧配置がとうとう負けを認めて、恥ずかしそうに帰っていきました」「全裸で猛スピードで駆け抜けていくサラリーマンたちのすがすがしい姿がちらほら」

 そんな、明るい明日の話をしながらも、ぶるぶると背筋に震えが走るのである。

2011.01.16 | Comments(0) | Trackback(0) | 今日のMASARU

«  | HOME |  »

プロフィール

川部賢

Author:川部賢
そこそこの生き物です

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

ブログ内検索