FC2ブログ

福神漬けのような部屋にて

 わたしの部屋にみるみる間に赤が増えた。押入れの戸を二つ、赤に塗ったわけなのであるが、そうすると部屋全体に対する赤の比率がずいぶんと増えた。
 赤というのは不思議な色で、たとえば目の隅っこに映る赤。視線の中心に赤を捕らえなくとも、目の隅にかすかに現れる赤ですら、強烈な輝きでもってわたしの脳髄に注がれてくるのがわかる。存在感の強い色だと思う。

 しかし、朱に染まったこの部屋に長いこといると、わたしのような柔弱な神経の持ち主には、少々疲れがくるということもわかった。まあ、なんだ、あれだ、カウンタックだってちょっとぐらいウソつくこともあるさ。

 赤の心理的効果というものを、いろいろと調べてみた。
 元気が出る。攻撃的になる。積極的になる。体温・血圧が上がる。睡眠時間が減る。アドレナリンの分泌を促す。
 果ては、生殖器の成長を促すというものまであって、わたしはそれを読んで、「これだ、これだ! 実にこれまでわたしが求めてやまなかったことはこれなんだ!」と思い、わたしの人生に新たな目標をひとつ加えた。
 めざすは巨根。シャア専用四畳半で、巨根をめざす。シャアは巨根の持ち主にちがいない。

スポンサーサイト



2009.01.30 | Comments(4) | Trackback(0) | 今日のMASARU

赤に翻弄されてみる

 今年に入ってから、なんとなく赤が好きになった。なんとなくというのは、どうして赤が好きになったのかその理由が見つからないのでそう表すしかないのだけど・・・・・。どうしてまた突然赤に惹かれるようになったのだろう? わからない。
 赤といえば、赤いランジェリーに多少興味をそそられるぐらいで、これまでは赤がわたしの目を喜ばすことなどそんなになかったのである。むしろ、赤とは疎遠になっていたぐらいである。

 まあ、そういうわけで、ここ数日いろんなものを赤に塗り替えている。
 昨日は、自分の絵を入れた額を赤に塗り替えたし、今日は押入れの戸を赤に塗り替えているところである。
 今のわたしの目には、赤が美しい。赤に感動する。
 やっぱ、ランボルギーニー・カウンタックは、ウソついてないよ。
 赤はいい。
 
 

 
 

 

2009.01.29 | Comments(0) | Trackback(0) | 今日のMASARU

冬と流れ弾の哀歌

 寒い・・・・・。冬はやはりわたしにとっての大敵である。ゴキブリホイホイのように、冬をホイホイしてくれる便利グッズもない現代において、わたしはいかように生きてゆくべきか、悩みは尽きない。冬眠の意味はよく知るも、冬眠の術は知らずにいるわたしは、動物のように夢の中で春を待つこともできないでいる。
 
 もうすぐ豆まきの時期だというのに、豆をまく意欲もない。しかし、わたしの中にわずかながら残っているオプチミズムが、そのことをプラスに解釈することもある。
 
 豆をまく意欲がない→豆を買う必要がない→豆の代わりに、人生において豆よりもより重要な何かを買うことができる→豆をまく意欲が旺盛な場合にくらべて、人生がより豊かになる→わたしは世にも稀なラッキーボーイ

 豆まきの日には、豆をまいている人たちから遠く離れていよう。流れ弾に当たるのは、いつでもわたしのような者なのだ。わたしが流れ弾などに当たられやすいのは、運命的なレベルでそうなのかもしれない。仕方がない。気を付けよう。「鬼は外!」と鬼が外へ追いやられるのはよいが、この寒空の下、わたしが外へ追いやられるのは、ごめんこうむる。

 豆まく人々へ告ぐ!
 鬼がいる方向へ、きちんとねらって豆を投げてください!
 適当な感じに、バラバラとまかないでください!
 必ず、わたしがいる方向とは反対の方向に鬼がいます、そちらへ向かって豆を投げてください!
 
 


 

2009.01.24 | Comments(0) | Trackback(0) | 今日のMASARU

歳男は吼える、牛のごとくに

 みなさん、あけましておめでとうございます(相変わらず新年の挨拶が遅い・・・・)。
 遅ればせながらですが、今年もよろしくお願いします。
 
 去年も、きちんとよろしくお願いしておいて、ほんとによかったなぁ、と心から思っています。去年も、周りの人たちは、わたしのような男とも仲良くしてくれました。それも、きちんとよろしくお願いしておいたからなのだと思うのです。
 なので、今年も本当によろしくおねがいします。
 きっとですよ!

 実は恥ずかしながら、去年、すなわち2008年のことを、ついこの間まで2007年と勘違いしていました。
 勘違いに気付いたのは年末のことでしたので、2007年を2008年に訂正したそのすぐ後に、あっという間に2009年になり・・・・、2008年という年は、わたしにとって夢か幻か、もしそれが現実だとしても、それは空白であったかのような、妙に変な気持ちになりました。
 だから、今年は、今年が2009年だということをしっかりと頭の隅に刻み込んで、2009年を正しく2009年と認識して、力強く生きてゆきたい!
 勘違いしていた2008年に平謝りしながらも、2009年は力強く生きてゆきたい!
 
 みなさん、今年もよろしくお願いします。
 きっとですよ!
 


 

2009.01.06 | Comments(2) | Trackback(0) | 今日のMASARU

«  | HOME |  »

プロフィール

川部賢

Author:川部賢
そこそこの生き物です

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

ブログ内検索