FC2ブログ

島と妄想

 能古島のプロジェクトに参加させてもらい、これで三回目の島への渡航となった。
 何度来てみても、島はいい。
 明るい。極彩色。空気もよい。

 フェリーは一時間に一本しか出ていない。乗り損ねた人は、漁船に便乗させてもらう手もあるが、これはちょっと割高だということである。
 前に島に来たときに、漁船に駆け込む数名の姿を見た。島の娘たちなのであろう。しっかりと小麦色に焼けた肌が、影絵のようにも見える。生き生きとした影絵である。快活な足取りで、たたっと船に乗り込み、さっと席に腰を下ろす。
 「さすが、島の娘だ、漁船慣れしているなぁ」、そんなことを思ったのだった。
 
 「○○ちゃん、おれといっしょに島を出よう・・・・」(シチュエーション的妄想)
 オッサン(わたし)は、あらぬ妄想を膨らます。
 そして、島の空気を胸いっぱいに吸って、すっかり満足する。
 
 

スポンサーサイト



2008.07.31 | Comments(2) | Trackback(0) | 今日のMASARU

わたしだってハイジになってみたい

 初めてコミケというものに行ってみた。
 本業(木彫り)の出店ではなく、バイトでであるが。友達のジョニーに誘われて、キャラクターグッズの販売員として、あの異世界へ乗り込んだのである。
 ヘンな格好をしたうら若き娘たちが、おお、なんとたくさんいることか!
 そこではヘンな格好がもてはやされるのである。コスプレというやつである。なんと楽しそうな遊びであることか!  
 わたしもにわかに変身願望がふつふつと沸きあがってきたが、変装に使えそうなものといったら、あいにく、汗を拭くために持ってきていた汚いタオルぐらいしかない。ああ、わたしも変装してみたい! でも、汚いタオルしか、わたしは持っていない・・・・。
 しかし、わたしは変装などしなくとも、ときおり「ぬらりひょん」だとか「こなきじじい」だとかに間違われることもあるではないか! 「ぬらりひょん」も「こなきじじい」も立派なキャラクターである。そう考えると、なんとなく勇気が湧いてきた。わたしは、手もかけず、暇もかけずにコスプレに参加できているのだ。先天的な、生まれながらのコスプレ!
 などと言って、実際には、誰もわたしのほうを見てくれるひとなどいなかった。生まれながらでは、駄目なのである。手をかけ、暇をかけ、意匠をこらしてコスプレしないと、誰も評価してくれない、そんなシビアな世界なのであった。
 ああ、ヘンな格好をしたうら若き娘たちよ!
 君らのせいで、わたしのキ○タマの内側ではハルマゲドンだ!

 帰り道、「旅らしさを演出しようぜ!」そうジョニーに言ってみた。途中サービスエリアに寄って、食べ物を買って、車内でむしゃむしゃ食べながら帰った。
 
 行商はいい。行商、大好き。

 

 

 
 

2008.07.29 | Comments(2) | Trackback(0) | 未分類

またもやわたしの夢は遠のく!

 わたしはけっきょく、金魚すくいのオッサンにも、ヨーヨー釣りのオッサンにも・・・・・、

 なれなかった!!

 のである。

 カキ氷要員が足りないというので、そっちのほうへ回されたのだ! 無念!
 昨日の晩、しかも0時を回った夜更けに、自分の半生を振り返ったりしたものだが、・・・・・無念! 自分の半生を振り返ったりなんぞして、損した気分である。これからは、自分の半生を振り返ってみるのは、「ここぞというとき」だけにしたい。
 しかし、カキ氷のオッサンもなかなか悪くない、と思った。これもまた、様々な人に異口同音に、「似合っている」とお褒めの言葉をいただいたからである。もっと大きな枠で見て、「祭り」というものに、わたしの姿が似合うと言うのである。

 まあ、ヨーヨー作りには参加できたのであるし、カキ氷も完売したしで、夢が叶わなかったにせよ、良い一日であったことは間違いない。

 

2008.07.27 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

プチガムシャラ

 2008年7月26日。
 明日はわたしにとって栄え(はえ)ある日となりそうだ(0時を回ったので正確には今日なのであるが)。
 おお! わたしもついにここまで、のし上がって来たのだ! 長い、長い、人生だった!
 我が生涯を振り返りつつ、感慨もひとしおである(こうして振り返ってみると、我が生涯は意外にも空っぽだったりする!)。
 
 明日、とうとう、子供のころの夢であったもののひとつが叶う日がくるのだ。金魚すくいのお店番か、ヨーヨー釣りのお店番かまだわからないけれども、明日のお祭りで、わたしはそのどちらかにたずさわることになる。
 小さいころの憧れであった、金魚すくい屋のオッサン! ヨーヨー釣り屋のオッサン! おお、あのときのあなたがたに、ようやくのこと、わたしは肩を並べることができる!

 明日は、年甲斐もなく、ちょっとばかしガムシャラになってみようかと思っている。
 みのしまのお祭りです。

 
 

2008.07.26 | Comments(2) | Trackback(0) | 未分類

イケメンを目指してみる

 わたしの知り合いにおもしろい若者がいて、若さゆえなのであろう、自分の顔立ちを気にしているようである。先日、「顔の形が変わる本」と題された書籍を購入したというのだ。
 顔の形が変わる本。
 もちろんのこと、わたしの好奇心はぷるぷると震えだした。
 わたしだって、自分の顔立ちには自信のないほうなのだ。子供のころ友達に「ぬらりひょん」とヘンなあだ名を付けられたこともあった。わたしはほとんどテレビを見ない子だったので、ぬらりひょんのことなど知りもしない。その後、ぬらりひょんを初めて見たときの驚きといったら!
 わたしは褒められていたのではなくて、反対にからかわれていたのだ!!

 わたしの頭の形は、普通の人とくらべてみると、だいぶ異様な形をしておる。頭の横っ面が、ぐぐっと、力強く張り出しているのである(いまにもこぼれ落ちそうだ!)。
 「顔の形を変える本には、この頭をどうにかする方法は載っていなかったかい?」そう尋ねてみた。
 答えはNOである。
 残念ながら、その美容法は、顎の先から額のあたりまでしかカバーしていないということなのである。
 
 みなさんはこの世に生まれてくるときに、産道を通り抜けてくるときに、どこで引っかかりましたか?
 たぶん引っかかったのは、肩なのではないでしょうか。
 わたしの場合は、頭でした・・・・。
 

 


 

 

2008.07.19 | Comments(0) | Trackback(0) | 今日のMASARU

迷い多きホモサピエンスであるわたし

友と深く語りあった。
自分はほんとに迷いの多い人間だなと、我ながら呆れ返る。
しかし、「迷い」というものを、それほど嫌ってはいない自分もある。
深い「迷い」のなかで見る、混沌とした風景も、一幅の絵としては、それはそれでよいものだ。
なにも「答え」だけが、自分の持ち物というわけでもあるまい。

わたしはわたしのまま。

2008.07.15 | Comments(0) | Trackback(0) | 今日のMASARU

若きマサルの悩み

 最近わたしを悩ませているのは、ある確率のことである。
 ことに今年に入ってからは、その確率のせいで、わたしもついに自分の年齢を自覚するようになったのだ! わたしももう若くはないのだと・・・・。
 足の指を打ち付ける確率が、うんと上がったのは、今年からであるような気がする。もう歳なのか、歳くって運動能力が低下してきているのか、あるいはまた、それは目のせいであるのかもしれない。視界が、若いころに比べ、せばまってきているのか。

 今日も、一日のうちに、三度も足の指をぶつけてしまった。誰もが知っていることだろうが、あれはほんとうに痛い。小指が腫れ上がって親指になってしまわないかと心配になってしまう。
 家具の角が豆腐の角であれば、と願う。家具の角とかではなくて、豆腐の角にだったら、いくらでも足の指を打ち付けたいのに! 
 そうすれば、わたしにとっては、幸せだ。
 足の指をねぶりながら、豆腐のカスで腹を満たし、わたしは幸福という幸福を味わいつくす!!
 
 

2008.07.08 | Comments(0) | Trackback(0) | 今日のMASARU

願えなかった、35の夜

 「日付」とは無縁の生活を送っているわたしは、すっかり忘れてしまっていた、七夕のことを(人の日記を読んで、七夕だったことに気付いた)。
 おお、七夕!!
 しかし、もうすでに日付は変わってしまった。
 おお、七夕!!
 願いたいことが、わたしには山とあったのに。
 人よりも多めに願いごとをしないと、到底人並みの生活にはなりえないわたしなのだ。みんなよりも多めに願いごとをすることで、みんなに追いつく、一年に一度のチャンス。それをみすみす逃してしまったのだ。おお、バカタレなわたし!

 これは何かの罰なのか。子供のころ七夕を、「ななた」と読み違えていたのがいけなかったのか。あのころの読み違えが、彦星と織姫の気分を害してしまったのかもしれない・・・・。気分を損ねた夜空の恋人たちは、わたしにだけは願わせないつもりでいるのかもしれない。
 
 くそう!
 ななた!!(天の川へ頭を振り上げ、咆哮する)
 これからは、お前なんぞを当てにしないで、おれは強く、そして細く生きていく!!
 これは、おれのお前からの独立宣言だ!!

 などと強がってはみるものの、やはり一抹の不安が残る。
 願わなかったことで、何かが悪い方向へ向くかもしれないと。
 いや、決してそんなことはあるまい。
 あるまい。
 あるまい。
 あるまい・・・・。

 寝よう。
 明るい気持ちで眠りにつこう。
 わはははは、ヒャヒャヒャ、うひょひょ、あふぅん・・・・・。

2008.07.08 | Comments(0) | Trackback(0) | 今日のMASARU

なんか疲れた

 暑い。
 ビールを飲みたくてならなかったが、我慢した。我慢できた。もう子供ではないのだ。大人であるわたしには、ときには我慢も必要なのだ(金も残り少ない・・・)。もし今のわたしが子供であれば、迷わずビールに手を伸ばしていたに違いない・・・・・。
 
 ああ、呑みたいな。
 今日はなんとなく呑みたいな。
 でも大人だし・・・・。
 やっぱ我慢かねぇ。
 我慢しとくかねぇ。
 
 今日は小難しい本を読んで、なんか疲れた。
 頭が、たっぷり妊娠した。たぶん六つ子なのだろうと思う。しかも「六つ子」といっておきながら、それぞれの子は別の父親なのだと思う。つまりは、「本」によって、考えがまとまるどころが、かえってチンプンカンプン、いろいろなことがわからなくなってしまった。損した。
 

2008.07.07 | Comments(0) | Trackback(0) | 今日のMASARU

しょうがない

 昨日書いた日記を誤って消してしまった。
 くそう!!
 エロサイトからのスパムのコメントのせいである。
 スパムコメントを削除しようと思ったら、間違って記事のほうを削除してしまったのだ。
 くそう!!
 
 昨日書いたばかりなのに・・・・。
 でも、しかたがない。
 わたしの流儀としては、このような場合、「すっかり諦める」。・・・しかないか。
 呑んでる自分も悪い。
 うをぉぉぉぉ~~~!!!
 おそらくは諦め切れていない。

 
 
 

2008.07.06 | Comments(2) | Trackback(0) | 今日のMASARU

«  | HOME |  »

プロフィール

川部賢

Author:川部賢
そこそこの生き物です

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

ブログ内検索