FC2ブログ

お前の細さに首ったけ

 そうめんの季節が、今年もやって来た。
 毎年やって来る、そうめんの季節。
 そうめんが「季節」を独り占めにしてしまいそうなほどに・・・・・、そうめんのやつが存在感を増してきている。あんなに細いのに、わたしの視界にはもはやそうめんしか現れて来ない(気持ち的に)。
 
 そして、そうめんと言えば、薬味。わたしは、薬味に恋文を送ったことがあるほどに、薬味が好きな人なのである。
 もし、道端でインド人(インド人でなくてもいいが)とかに、「ドゥー・ユー・ライク・ヤクミ?」とか訊かれたら、わたしは自信を持ってこう答える。
 「イエス・アイ・キャン。お前より好きだ。なぜなら、ビコーズ、アイ・アムァ・ア・ペン・・・・」
 そのくらい、薬味のことが好きなのである。
 
 なかでもとりわけワサビが好きである。
 寿司ネタのような暮らしをしたいとさえ思っている。
 ワサビの上で寝そべっていたい・・・。

 にしても、そうめんはうまい。
 

スポンサーサイト



2008.06.18 | Comments(4) | Trackback(0) | 未分類

弱い「強さ」

 わたしのパソコンは、無線LAN(かな?)でネットに接続している。そのせいか、回線速度がめっぽう遅いのである。
 電波の状況を知らせてくれるアイコンが画面の下の方にある。そこへマウスのポインターを合わせると、「強い」とか「弱い」とか表示される。
 「非常に強い」のときは、すいすいと、快適にネットの世界を回遊できるのであるが、それ以下になると、たいへんにストレスが溜まってくる。

 先ほども、「強い」と表示されていて、わたしはついパソコンに啖呵を切ってしまった。

 「強いが弱えぇぇんだよ!」

 それをシャチョウに聞きとがめられてしまったわたし(馴染みの人でよかった・・・)。
 人間以外のものに話しかけることが多いな俺、そんなことを考えると寂しくもある。
 独り言大好き。

 でも、人間も同じようなもので、強がっているわりに本当は弱い、ということがままある。
 わたし自身にもそういう経験がある。

 独り言やっぱ大好き。

2008.06.12 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

運動会にて寝そべる

 姪っ子の運動会では、わたしは二日酔いで苦しんでいましたよ。
 子供たちの元気な姿とは対照的な弱々しい姿で、レジャーシートの上にずっと寝そべっていました。久しぶりにひどい二日酔いでしたよ、ほんとに。
 ほんとは、昼間からビールでも飲むつもりでいたのですがね、水分ばかり補給していました。
 
 二日酔いという経験をまだ知らない子供たちの笑顔は、すてきでしたよ。
 あどけないお顔をしていましたよ。
 わたしも三十年まえまでは、あどけないお顔でしたがね、気が付いてみると、二日酔いに苦しむ汚いオッサンのお顔ですよ。三十年も経つと、なぜにこうも顔立ちというものは変わってしまうのでしょうね。あどけないお顔のままじゃいけないのでしょうかね。
 三十五歳になった今にこそ、五歳のころの顔がこの体にくっついていれば、それはまた別のおもろい人生になっていたでしょうね。

 

2008.06.11 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

運動会

 明日は姪っ子の運動会。
 なので、目下唐揚げを仕込み中のわたしなのである。
 自分の手を嗅いでみると、「食べられるまえの鶏」の匂いが、プ~ンっと鼻孔を刺激する。手を嗅いでいると、自分自身が「食べられるまえの鶏」のように思われてくるから不思議である。できれば、美しい雌の猛獣に食べられたい・・・・。
 
 明日はわたしも児童たちに混じって、かけっこをするつもりだ。児童たちにだったら、わたしにも勝算があるにちがいない。万が一、負けたとしたら・・・・。それはそれで、わたしには得だ。子供にわざと負けてあげた優しい人だと、人々の目には映るだろうから! 勝っても負けても、英雄なのだ!
 
 だが、わたしが児童たちに混じって出場など、大人たちが許してはくれまい。
 そんな大人たちが嫌いです・・・・。

 なので、やはりかけっこはやめにして、ビールでも呑んでいよう。
 気持ちのいい日差しを燦々と浴びながら・・・・。
 

2008.06.06 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

真のオジサンへと、駒を進める

35になりきれたような、なりきれていないような・・・・。大人になりきれたような、なりきれていないような・・・・。
童貞のようなピュアな心で、わたしは真のオジサンになる!
今年も多くの人に誕生日を祝ってもらいました。
みんな、ありがとう。みんなのおかげで、わたしもだいぶ育ちました。
感謝ですよ。
これまで、わたしの辞書には、「不可能」という文字しかありませんでしたが、これを期に「感謝」という文字も加えましょう。

そして、未来へ向かって、足踏みしよう!!
ああ、みんなの背中がだんだんと小さく見えてくる。
待っておくれ、先に行かないでおくれ!
などと、たまにネガティブになったりもするが・・・・。

サザエさんのような素敵なスマイルで、わたしは今日も生きる! 

はだしでかけて、陽気に生きる! 
財布を忘れて、愉快に生きる! 
財布を忘れると、愉快になれるらしい。しかし、わたしは財布などというものを持っていないのである。財布を持っていないのに、どうして財布を忘れることができようか! よって、わたしは、サザエさんのように、財布を忘れて愉快になることなどできないのである。わたしには、愉快になれるチャンスが、財布を持っている人と比べると、だいぶ少ないということだ!
おお、皮(財布)も肉(金)もない! 痩せさらばえた生活!
足踏みは止めだ、止めだ! サザエさんのスマイルを胸に秘め、一歩前へ! そして、一歩前へ出たその瞬間、胸に秘めたるスマイルは翼を広げ、明日へと飛び立つ! 明日という地平に新しい巣を作るために! うぉぉぉ~~~!! ぬふぅぅん・・・・。

アホか・・・・。

35歳も、なるべくアホな感じに過ごそう。
そっちのほうが、楽そうだし・・・。

2008.06.01 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

«  | HOME |  »

プロフィール

川部賢

Author:川部賢
そこそこの生き物です

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

ブログ内検索