FC2ブログ

抜け殻の小さい声

 最近、なんだか、まったく意欲が湧かないので、わたしは抜け殻のように半透明なのです。蝉の抜け殻であれば、小学生などが喜んでくれたりするのですがね・・・・・(小学生は抜け殻とウンチだけは、たまらなく好きだからね)。しかし、川部賢の抜け殻は、誰も喜んでくれません! だから、もし、川部賢の抜け殻を見て、喜んでくれるような人があれば、わたしはその人のことを、生涯の伴侶にしたいと思っているところなのです。誰か、喜びませんか? ・・・・・そうですか、やはり喜んではくれませんか。なんだったら、踊りますよ。あなたの目を喜ばすために。さあ、お手を拝借して、抜け殻ダンスを踊ろうじゃありませんか!
 ああ、もうこの際、抜け殻でもいい、・・・・でも、せめて、蝉の抜け殻だったらなぁ。小学生の目には、かっこよく見えるのになぁ。目指すは、かっこいい抜け殻! って、違うだろ、それは!(久しぶりに自分にツッコミを入れてしまった・・・・) どんなにかっこよく見えたとしても、抜け殻であるなら、その中に命を持っていないということなので、やはりそんなんじゃ駄目なのです。
 わたしの命はいずこへ? なんとなく生きている! おお、虚しい!!
 今年のエイプリルフールは、嘘を吐く気概もないので、弱々しく正直に生きましたよ。そして、花見では、なんとなしに桜の花びらを五枚ほど食べました。
 

スポンサーサイト



2008.04.08 | Comments(3) | Trackback(0) | 今日のMASARU

«  | HOME |  »

プロフィール

川部賢

Author:川部賢
そこそこの生き物です

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

ブログ内検索