FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

万引き犯の心持ち

慌ただしい時間帯にTSUTAYAに来てしまった。レンタルのお客さんが殺到していて、CD売り場のほうのレジは、店員不在…。

CDを購入しようと思っているわたしは、運命的に、待つ格好になってしまった。家康ばりに待つのが好きなわたしは、これまた運命に逆らわずに、待つということに希望を抱いていた。てんてこ舞いになって、高速で右往左往している店員さんたちの生の営みを、愛おしげに眺めながら…。

待ち続けていれば、やがて自分の番はやってくるものだ。鳴くまで待とうと思っていたホトトギスが、ようやくのこと鳴いた。わたしの番が来たのだ。

店員の超絶スピード会計の鮮やかな手際。称賛の眼差しを店員に注ぐわたし。しかし、その眼差しに気づいてもらえることはない。店員は、わたしの眼差しが邪魔になるほどに、忙しいのだ。
と、こうするうちに、華麗にお釣りを渡されて、わたしの番は終わった。

しかし…。超絶スピード会計には、思わぬ落ち度が付きものなのだ。
待つということにくたびれずに、逆に力をもらった気になって、意気揚々と店の出口へと向かったところ…。
「この方は、泥棒でーす」という趣旨の、明るく陽気な電子音。防犯ブザーが、わたしのことを泥棒だと、皆様にお告げしているわけである。

自分は何者なのかという問いを、これまで幾度も自分自身に問うてきたわたし。そこへ、「あなたは泥棒でーす」という機械の叫び。ああ、わたしはきっと泥棒に違いない…。とか、思ってしまうではないか!

すがるような眼差しを店員へ向けてみると、店員は、大丈夫なのでゲートをそのまま通り過ぎるようにと、わたしを促している。当事者同士にしかわからないような微妙な曖昧な仕草で…。

否!今のあなたの仕草、今のわたしにとってみれば、否!
そんな、敵チームにバレないサインみたいなのじゃなくて、ほら、もっと、はっきりこう、「こんなにも泥棒っぽく見えない人、初めて!」みたいなことを周りの人たちに、しっかりと伝えてほしい。ではなくて、「泥棒ではない」ということを周りの人々に分からせてもらいたい。

第1ゲートを通過した。第1ゲート?そう、3メートルほど先には、冤罪目当てのもう一つのゲートが、わたしを待ち構えていたのである。
ああ、わたしはまたここで、大舞台に立つスターよろしくスポットライトを浴びるのだ。

意を決して罠に飛び込むわたし。
鳴りました…。わたしの耳に心地よい警報が聞こえてくる。本日二度目の泥棒確定…。賢い機械のお墨付き…。大泥棒とか怪盗とか、そんなかっこいい泥棒なんかではなく…、ただの万引き犯として認定される。

そして、これまた本日二度目となる、すがる眼差しを、両目の奥からゆるやかに発射してみる。すがられている店員はと言えば…。うっそー、明らかに、無視してるやんーっ!

頼る者のいないわたしは、自分が泥棒ではないことを、自分自身でアピールしていた。
盆踊りの一番の見せどころみたいに、手を斜め前方に大きく突き出している。手には会計済みの商品がぶら下がっている。
君たち!きちんと包装されているのだから、盗んだものではないと分かるだろう!という幼稚な発想。
ああ、もう、こういうときって、自分でも何をやっているのか、分からない。

周りの人々の視線を浴びる。そこに、被害妄想までもが付け加わる。
被害妄想のフィルターを通した人々の視線は、こう訴えかけているようにも思える。
「でも、顔は泥棒だよね…」
それは認めます。

泥棒よろしくそそくさとその場を逃げだしたわたし。
帰ってから、袋からCDを取り出してみると、案の定、商品タグが付いたままであった。商品タグには、こう表示されている。
「このタグはレジで回収しております」

これからは、このタグはすべて、川部がこの身を投げ打って、回収しようではありませんか!
親指を立ててそう誓う。

そんな一部始終でした。


しかし、あの警報の標的になってしまったあとというのは、しばらくドキドキしたままですね。
嫌な感じが続きます。
ある日、UFOがやってきて、この商品タグを体に埋め込まれたらどうしよう?
などというような、突拍子もない妄想に、しばらくは苦しみそうです。

スポンサーサイト

2014.06.29 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

自由

 今日は、福岡タワーのアーティストショップ「yokusum」さんへ、納品へ。

 気持ちの良い天気のなかに出てみると、鈍感なわたしにも、春がやってきつつあることが感じられる。
 ああ、とうとう、いらっしゃった!
 ありがたい。
 これから、夏へ向けて、一枚、また一枚と、わずらわしい衣類に別れを告げられる。
 自由!

 表に出てみると、マスクをしている方が、以前よりも多く見受けられる。
 ああ、嫌だ! 空気がばっちい、とか嫌だ!
 年の功のひとつである、鼻毛の増毛。そのおかげで、わたしの場合は、若い人々に比べれば少しぐらいは浄化された空気を吸うことができるのだと、慰めにもならない考えを胸に抱きながら呼吸するのであるが…。
 わたしの数少ない年の功も、pm2.5の前には、蹴散らされそうである。

 これから夏へ向けて、一枚、また一枚と、脱衣していくなかで、マスクのほうは、一枚、また一枚と、重ね着していく必要が出てくるのかもしれない。
 自由!?

2013.03.07 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

ビールの売り場における差別的陳列と小さい男としてのわたし

 発泡酒を買いに行ったのである。るんるん気分の足取りで、とまでは言わないにしても、るんるん気分に限りなく近い気分の足取りで、発泡酒を買いに行ったのである。

 場所は近所のスーパーである。
 いつもどおりに、実にいつもどおりに、今日も発泡酒は冷えていない。冷蔵庫の調子が悪いのか、わたしの調子が悪くて冷えているのを冷えていないように感じているだけなのか、はっきりしたことはわからないけれども、とにかく「冷えていない」。
 どの銘柄の発泡酒に手を触れてみても、どれも冷えていない。これだけたくさん陳列してあるのだから、そのなかの一本ぐらいは冷えていてもよさそうなのに・・・・・・・(わたしは相当な数の発泡酒に手を触れてみたのである)、「どれも冷えていない」。
 それでわたしは、いつもは目を向けないほうの、発泡酒ではなくて本物のビールが陳列してあるほうの冷蔵庫に歩み寄った。涼気がわたしの毛深い耳たぶを打った。なにかをひどく錯覚したときに感じるような軽い眩暈があった。そこは、・・・・・・その冷蔵庫は、・・・・・・・おぉ!・・・・・・・ホッキョクグマがいびきをかいて鼻糞をほじくりながら寝そべっていてもおかしくないぐらいに、冷えているではないか!

 もちろん、倹約の精神を禁酒の精神と共にどぶ川に捨て、本物のビールを買い物かごに放り込んだのであった。そして思った。偽者のビールである発泡酒が、いかに差別的な扱いを受けているのかを。そしてまた、こうも思った。わたしも本物の人間になることができれば、冷えていない冷蔵庫みたいな場所から、冷えている冷蔵庫みたいな場所へと、住処を変えることができるかもしれんな、と。

 本物のビールを手に入れた喜びで、帰りはるんるん気分の足取りであった。
 
 

 

2009.10.26 | Comments(6) | Trackback(0) | 未分類

創作合宿

やりますよ。
5/5 5/6 の二日間です。
あ~、ずっと、ブログのほう、放置しっぱなしで、ごめんなさいね、みなさん。
わたしにしては、めずらしく忙しくあわただしい日々を送っていたのです。
こんなに忙しくしていると、周りの人たちから、「この男は川部賢などではなくて別の男だ!」とみなされてしまうので、そうなってしまうまえに、早々に暇な男に舞い戻らなければならないのですけれども、なかなかそうもいきません。(どうにも回避できない強力な力が、わたしをハンモックの上から押し出すのである!)
だから、元の川部賢が好きだった人には、ほんとに申し訳ないと思ってしまいます。

ともかく、合宿です!

詳しくはこちら↓
http://www.h2.dion.ne.jp/~amedama/pageGW.html

2009.04.28 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

公子がわたしの耳にささやく、刹那的な愛を

 「Sea Weed Fes.08」にて、サンドアートを担当したのである。
 おお、海! 夏! そして、サンドアート! それから、主役である夏にたいして、蛇足のようでしかない、わたし及び彼(シャチョー)!
 わたしの心は、夏の暑さよりももっと熱く、燃え盛っていた。海水も暖かく、海水浴を楽しむ人々の姿も見受けられた。入水するにはよい季節だ! 太宰治が生きておれば、ぜひともこの場所に彼を誘い出したかった。この暖かい海水の中であれば、ウカれながら、満面に笑みをたたえながら、諸手でダブルピースを応援席に送りながら、彼も幸せに死ねたであろうに。腹上死に優るとも劣らない、心残りのない、満足な死を迎えたであろうに。自殺という観念にサンシャインの輝きを添えることができたであろうに。
 
 それはともかくとして、こんな感じの物体ができあがった。
 野宿で泊り込んでの労作である。
01.jpg
 マーメードである。
 その前に寝そべっているわたしは、気持ちと仕草だけはマーメードである。気持ちと仕草以外はすべて、ただのオッサンである。だがしかし、気持ちと仕草は、すばらしくマーメードである。気持ちは非常にマーメード、仕草もたいへんマーメード。なのにいったい、わたしに何が足りなくて、わたしはマーメードでないのか! ちくしょう! マーメードたる要素が、わたしにはあまりにも欠けている!
 
 砂浜の砂ではあまりにもろく、そのために、当初発案になるものにくらべ、ずいぶんと太くたくましいマーメードになってしまった。細身の美しいお姫様のような、可憐なマーメードを想像していたのだが・・・。砂浜に咲く一輪の花。それがわたしの持つイメージであった。それが、砂浜に打ち捨てられている錆びた鉄アレーのような感じになってしまった。これではまるで、人間と魚が合体しただけでなく、さらにゴリラまでもがその合体に加わったかのようである。そのことが、わたしの心には、非常に悲しく思えるのだ。
 
 彼女のプロフィールも、細身の美しいお姫様といったものでなく、大幅に改変することとなった。

 名前: 公子(きみこ)
 職業: 砲丸投げの選手
 趣味: 筋肉
 好きな食べ物: でかい動物(象とか鯨とか)
 体重: ひ・み・つ(かわいくない感じで)
 バスト: 3m(こういうところは自慢したりする)
 ウエスト: ひ・み・つ(またもや伏せる)
 ケツ: プリンプリン(数字ではけっして表現しない、あいまいな表現で)
 お気に入りスポット: 土俵の中、粗大ゴミ置き場
 一言: 学校の裏サイトでは、「ホルスタイン」と呼ばれてま~す!

 両の乳房に消防車のホースを仕込んで、大量の牛乳を豪快に放出させたかったのだが、予算が足りないのと、わたしの頭髪が足りないのとで、あえなく取り止めとなった。残念。
 
 それにしても、彼女のそばにいると、無性に刺身が食べたくなってくる。しかし、わたしは我慢した。なぜなら、わたしは全然我慢の限界には達していなかったし、彼女の下半身だけ食べてしまって、彼女が上半身だけになるのもどうかと思って・・・・。「上半身も魚になりたまえ、君!」などと、厳しい口調で彼女に突っかかるのもどうかと思って・・・・。わたしはもういい歳した大人なので我慢したのである。
 
 彼女はわたしといっしょに写真に写ってもくれた。久しぶりの女性とのツーショットである。
 ニヒルな顔つきで写るつもりだったのが、でれでれしたニヤけた顔になってしまった。
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

2008.08.30 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

川部賢

Author:川部賢
そこそこの生き物です

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。